Like a Thread from a Pink Spider Web

君は嘘の糸はり巡らし
小さな世界全てだと思ってた
近づくものは何でも傷つけて、
君は空が四角いと思っていた

「これがすべて…どうせこんなもんだろう?」

君は言った… それも嘘さ…
ケバケバしい君の模様が寂しそうで
極楽鳥が珍しく話しかけた

「蝶の羽いただいてこっち来いよ。
向こうでは思い通りさ。」

ピンクスパイダー 「行きたいなあ」
ピンクスパイダー 「翼が欲しい」

捕らえた蝶の命乞い聞かず
君は空を睨む

「傷つけたのは憎いからじゃない、
僕には羽が無く、あの空が高すぎたから」

「私の翼を使うがいいわ、スパイダー。
飛び続ける辛さを知らないあなたも、いつか気がつくことでしょう。
自分が誰かの手の中でしか飛んでいなかった事に。
そして、それを自由なんて呼んでいたことにも。」

借り物の翼ではうまく飛べず、
まっさかさま墜落してゆく

ピンクスパイダー 「もうだめだあ」
ピンクスパイダー 「空は見えるのに…」
ピンクスパイダー 「失敗だあ」
ピンクスパイダー 「翼が欲しい…」

わずかに見えたあの空のむこう、
鳥たちは南へ

「もう一度飛ぼう、この糸切り裂き 自らのジェットで
あの雲が通り過ぎたら…」

ピンクスパイダー 空は呼んでいる 
ピンクスパイダー ピンクスパイダー

桃色のくもが空を流れる